携帯版サイト

QRコード 新製品情報、掲示板、耳より情報が、携帯電話から確認できます。

メールマガジン

メールマガジンの登録変更はこちらからお願いします。

新規登録   変更・解除



うんちく

セミB5の「セミ」とは?

 ノートのサイズは、最近のスリムタイプなどの変形も含めて多種多様ですが、よく目や耳にする「セミB5」とは、どういうものかご存じですか?
 ノートのB5サイズは、昭和38年頃までは、大学ノートなどと呼称されてB5正規サイズの182ミリ×257ミリでした。当時は、原紙の四六判(768ミリ×1091ミリ)からB5を「8丁取り」としていました。しかしB列本判(765ミリ×1085ミリ)の原紙を使うようになって、それまでの8丁取りを、コストダウンや無駄なく紙を使う工夫として「9丁取り」としたため、B5より少し小さくなりました。その小さくなったサイズ、つまり179ミリ×252ミリを「セミB5」と称して各社から発売、昭和40年から始まったJIS規格にもノートやレポート用紙の規格の一つとして加えたのです。本来のB5より少し小さいことから「セミ」を冠したといわれています。
 なおJIS規定で、この179ミリ×252ミリのノートは、事務用、学用向けが「6号」、学習帳が「学用3号」という呼称で規定されています。また、レポート用紙は「セミB5判」と規定されています。
 ただし、便箋は、「セミB5判」と呼称していますが、サイズは177ミリ×250ミリと規定されています。さらにこのサイズの原稿用紙は、「B5特判」と呼称されています。
 チョッと複雑ですね。
 

うんちくリスト

21 各社の社名の変遷
20 セミB5の「セミ」とは?
19 『世界に愛されるぺんてるが生んだ』“ぺんてるサインペン”“ボールPentel”
18 『社名の由来』その7「ヤマト(株)」
17 『文房具の歴史』その4【印鑑・インキ浸透印】
16 『文房具の歴史』その3【消しゴム】
15 『文房具の歴史』その2【糊「のり」】
14 「文房具の歴史」その1・シャープペンシル
13 「文房具」と「文具」の語源!?
12 鉛筆が六角形なのは何故?
11 CDは光っていない側が大切!
10 墨汁(ぼくじゅう)ってどうやって作る?
9 墨汁(ぼくじゅう)の歴史
8 ボールペンの「ふぅーん、なるほど」
7 ボールペンのインクのお話
6 社名の由来・その6「三菱鉛筆」
5 社名の由来・その5「ダイゴー」
4 社名の由来・その4「クツワ」
3 社名の由来・その3「ぺんてる」
2 社名の由来・その2「ヒサゴ」
1 社名の由来「コクヨ」