携帯版サイト

QRコード 新製品情報、掲示板、耳より情報が、携帯電話から確認できます。

メールマガジン

メールマガジンの登録変更はこちらからお願いします。

新規登録   変更・解除



最新!筆入れ・ペンケース特集

  ペンスタンドになるペンケースが登場して盛り上がり、ペンケースブームは終わったと見えたが、ここからが進化の始まりだった…ペントレーになるペンケース、スマホの動画視聴に便利なペンケース、隙間に収まり上ふたが開くペンケース、アクセサリーも収納できるペンケース、立てても横にしても使えるペンケース、羽のように軽いペンケースなど、機能的で個性的なペンケースが続々と登場し、これまで以上の盛り上がりを見せています。ペンを複数本持ちする人が多いが、ペンケースも使用シーンに応じて複数持つ人が増えそうです。オススメの最新ペンケースを紹介します。

2ステップでトレーに
アーティミス

アーティミス 「パレットペンケース」

 「パレットペンケース」は、普段の文房具の持ち運びにはペンケースとして、机で作業をするときにはペントレーとして、2種類の使い方ができる便利なペンケース。

 普段はゆったり大容量のペンケースとして文房具を持ち歩き、いざ机に向かって作業をするときには、@ファスナーをひらいてA四隅のホックをとめるという2ステップで、あっという間にペントレーが完成。
 学校、オフィス、外出先など、使うシーンを選ばないシンプルなデザイン。カラー4色、各1400円。2017年発売。

アクセ収納ホルダー付
学研ステイフル

学研ステイフル 「スリムペンポーチ」

 働く女性向け、アクセサリーも収納できるホルダー付きのスリムペンポーチ。

 「スリムペンポーチ」は文具ソムリエール・菅美里さんとコラボした働く女性のための文具シリーズ「ラ・シエンヌ」から発売。小物やアクセサリーを収納できる内ポケット付き。こだわりのカラー、4色展開、各1280円。
 「ラ・シエンヌ」は、テレビや雑誌などで幅広く活躍中の文具ソムリエール・菅未里さんが考える「働く女性のための持ち運びに便利なステーショナリー」をコンセプトに、メモ付箋、ファイル、ペンポーチ、IDホルダーの4アイテムをラインアップ。2018年1月発売。

大・小ふたつで一つ
キングジム

キングジム 「イッツイ」

 使用シーンに合わせて持ち歩くペンの量を変えられる、ふたつでひとつのペンケース。

 「イッツイ」は、大・小2つのサイズのペンケースがマグネットで一体型になっているペンケース。
 机上で使用する際には筆記用具と小物をひとつにまとめて収納でき、移動時には小さいペンケースだけを取り外して、必要なペンだけをスマートに持ち運ぶことができる。
 たくさんのペンを収納できるトップインタイプと、開口部が180度開いて、ペンや小物を探しやすいフルオープンタイプの2種類。どちらも、カバンの中で場所を取らない仕様。各タイプ4色ずつで、各1980円。2018年2月16日発売。

羽のように軽い筆入れ
クツワ

クツワ 「はねカル筆入」

 従来品より約20%軽い、約127cの最軽量を実現した学童用マグネット筆入。

 「はねカル筆入」は、持てば驚く、羽のような軽さをイメージして商品化された。素材にはランドセルにも使われる丈夫な人口皮革「クラリーノ」を使用している。
 「1ドア プックリはねカル筆入」は、表面にプックリ加工を施し、ハート柄・パールピンク、星柄・パールネイビーで展開、各2200円。
 「1ドア はねカル筆入」は、パールカラー3色と単色2色、合計5色、各1980円。
 クツワ工業製造の日本製。日本PTA全国協議会推薦、ベルマーク運動参加商品。2017年11月発売。

大人向けデザイン登場
コクヨ

コクヨ 「ネオクリッツフラットBiz」

 スッキリ薄い、フラットタイプの「ネオクリッツ」の大人向けのデザイン商品。

 「ネオクリッツフラットBiz」は、「ネオクリッツフラット」の特徴はそのままに、落ち着いたカラーリングと風合いのある杢調(もくちょう)の生地に、金属ファスナーを採用した大人向けの落ち着いたデザインの商品。
 ペンケースを使う社会人の半数以上は収納しているペンが6本以下であることから、従来よりもサイズをコンパクトにし、携帯性を高めた。
 小物類を収容できるポケット付きで、ガジェットケースとしても活用できる。カラー4色、各1800円。2017年11月発売。

動画視聴にも最適
サンスター文具

サンスター文具 「スマポップ」

 動画視聴にも最適なデジタルネイティブ世代の新定番、「スマホが立つ」ペンケース。

「スマポップ」は「第22回サンスター文具アイデアコンテスト」一般部門サンスター文具賞の受賞作品をもとに商品化、アイデア文具の定番商品としてラインアップ。
 スマートフォン普及率が年々増加、デスクの上にスマホが乗っている風景が日常化する中で、手で持たない使用環境やスペースの有効活用として、ペンケースを筆記具の収納としてだけでない、「スマホを立てる」という新たな使い方を提案した。
 耐衝撃性の高いポリカーボネート製。6色展開、各780円。2017年12月発売。

女性向けのデザインで
ソニック

ソニック 「スマ・スタ立つペンケース」

 「スマ・スタペンケース」の第2弾、女性向けの色・柄で展開した立つポーチ。

 「スマ・スタ立つペンケース」は発売4カ月で6万個を突破したヒット商品。半円柱型のペンケースをくるっと開くと、マグネットでピタッと吸着、スタンドタイプに早変わり。開くと円柱型になるので、しっかり安定し、スマホスタンドにも活用できる。
 話題のスマ・スタ立つペンケースの第2弾は、女性をターゲットにした「スマ・スタ リル立つポーチ」。花柄と水玉デザインで、各2色展開、各1600円。2018年2月発売。

立てても寝かせても
パイロットコーポレーション

パイロットコーポレーション 「タテモ」

 立ててペンスタンドのように、寝かせてペントレイのように使えるペンケース。

「タテモ」のファスナーを開け、前面の蓋を折り曲げると、蓋と本体がマグネットで固定されることにより、底面が広がり安定して自立するので、ペンスタンドとして使うことができる。また、寝かせるとマチがあり、背面がフラットなので、ペンがこぼれることがなく、ペントレイのように使うことができる。背面にはカラビナを付けられるループ付きで、バッグなどに吊り下げられる。
 定番は6色展開、各1200円。ドット柄3タイプとバイカラー3タイプの計6品を数量限定で、2月に発売。

大阪府知事賞を受賞
LIHIT LAB.

LIHIT LAB. 「ブルーミン」

 働く女性向けの身のまわりを彩る新ブランド「ブルーミン」のトレーペンケース。

 「ブルーミン」のトレーペンケースは、ファスナーを全部開けるとペントレーのように使えて、目的収容物がスグに取り出せる。ファスナーをストッパー部分で止めると、移動中や狭い机上など、広げて置くことができない場面でも使いやすい大きさで開くことができる。
 シリコン製で、収容本数が約7本入るスタンダードサイズ(1100円)と約12本入るLサイズ(1300円)の2種類。大阪卸組合新春見本市の新製品人気コンテスト1位、大阪府知事賞を受賞。2018年2月21日発売。

上フタがパタリと開く
レイメイ藤井

レイメイ藤井 「パタリーノペンケース」

 上フタがパタリと開いて中身が良く見え、カバンの隙間に収まる薄型ペンケース。

 「パタリーノペンケース」は、フタ半分をパタリと開いて折り曲げることにより中の収納物がすっきりよく見え、スムーズに出し入れすることができる。開いた上フタは、マグネットで開いた状態を固定することができる。また、折り曲げたペンケースの内側には、小物収納に便利な内ポケット付きで、筆記具を保護するペン先保護壁も付いている。
 Sサイズ(1000円)、Lサイズ(1400円)があり、各5色展開。2017年1月より発売し、今年1月に新色を追加した。2017年度グッドデザイン賞受賞。