携帯版サイト

QRコード 新製品情報、掲示板、耳より情報が、携帯電話から確認できます。

メールマガジン

メールマガジンの登録変更はこちらからお願いします。

新規登録   変更・解除



新製品

金属、プラスチック、ガラスなどの非吸収面にもしっかり連続捺印ができる「タート 回転スタンプ」丸型6号、丸型11号/シヤチハタ (2018/02/16更新)

 優れた強着性の特殊な油性インキ「タートインキ」によって、金属、プラスチック、布、ガラスなどの非吸収面にしっかりと捺(お)すことができるスタンプです。捺印するたびに印面にインキが付着するスタンプ台内蔵式なので、キレイな印影のまま連続捺印できます。捺印乾燥後は、優れた耐水性で印影をはっきり残せます。インキ補充ができるので、繰り返し使うことができて経済的です。国内外の規制や指令に対して遵守したインキを使用しています。
 印面サイズは直径6mmと直径11oの2種類あり、製品の品番表示、サイズ表示、検印などの用途に利用できます。
 メールオーダー式の対応インキは速乾性多目的用1種類、インキ色は黒と白の2色。別注品の対応インキは速乾性多目的用、速乾性金属用、速乾性プラスチック用など全6種類から選択可能で、インキ色は最大6色(黒、赤、藍色、緑、紫、白)から選べます。
 販売形態は、印面を商品購入後にインターネットまたは専用ハガキで申し込みができるメールオーダー式と、印章店や文具店などで申し込む別注品があります。別注品は3月上旬受注開始予定です。
 メールオーダー式は、丸型6号が2300円、11号が3200円。 別注品は丸型6号(既製インキ)Aタイプ2200円、Bタイプ2600円。丸型11号(既製インキ)Aタイプ 3100円、Bタイプ3500円。各本体価格。


低粘度油性インキ「アクロインキ」を採用した油性ボールペン「アクロ1000」、「アクロ300」/パイロットコーポレーション (2018/02/16更新)

 通常の油性インキの約5分の1の粘度に抑えた「アクロインキ」を採用したノック式油性ボールペンで、ビジネスやフォーマルの場でも使える上質なデザインを採用しました。
 「アクロ1000」は、マット塗装で仕上げ、高級感あるデザインです。軸径9.8mmのスリムボディでありながら、握り部の形状を先太りにし、金属を使用することで、前方に重心が位置するため、握りやすく安定した筆記ができます。ボディカラーはブラック、メタリックレッド、ネイビー、メタリックグレー、シャンパンゴールド、メタリックソフトブルーの6色。1000円。
 「アクロ300」は、握り部を先太りにした形状なので、握りやすく安定した筆記ができます。ボディカラーは、深みのあるクリアタイプのクリアブラック、クリアレッド、クリアブルーの3色と、ホワイト、ソフトピンク、ソフトブルー、ラベンダー、ブルーの明るいパステルカラー5色の計8色です。300円。
 いずれもクリップなどの金属パーツの色をシルバーにし、デザインのアクセントとしています。レフィルはペン先0.5mmの極細タイプで、手帳などの細かい箇所への筆記に最適です。各本体価格。


「介護を記録するノート」/ダイゴー (2018/02/09更新)

 家族の在宅介護をする人に役立つノートです。日々の体調や行動を記録することで変化に気づくことができ、負荷が高い介護を家族で協力して行なう際に情報を共有することができます。
 本冊には日々の記録と毎年変わる情報を記録し、基本情報は別冊に記録することができ、翌年差し替えれば書き換えの手間がいりません。
 ノートは、毎日書くのは大変なので、楽に書けるように工夫しており、時間がない日は左側の決まった項目と、チェックボックスに印を付けるだけで簡単に記録できます。
 ほかにも@1週間が一覧できて体調変化に気づきやすいA文字も大きく、ゆったり書けるA5変形サイズBA4サイズの書類も二つ折で収まるC貰った名刺を入れられるポケット付きD本文は読みやすいUDフォントを採用E家族との情報共有に便利…などの特徴を備えています。1800円(本体価格)。


PUMA「ハニカムラインペンケース」/クツワ (2018/01/15更新)

 新学期シーズンに向けて、PUMA「ハニカムラインペンケース」を発売します。
 前面部分に定規等を収納できるファスナーポケット付きです。本体生地は、立体的なハニカム柄が光の反射でランダムに光る、特徴的なPU合皮生地を使用しています。
 デザインは、スニーカーでも人気のフォームストライプデザインで、オリジナルデザインの引き手付きです。サイズは、H85×W200×D55各mm。
 カラーは、ブラック、ネイビー、ブラックの3色があります。1500円(本体価格)。
 発売日 2018年2月


オレンズ「メタルグリップタイプ」0.5/ぺんてる (2018/01/22更新)

 低重心で玄人好みの外観のシャープペン「オレンズ・メタルグリップタイプ」に待望の芯径0.5が新色で登場しました。
 グリップの色は、ブラックとシルバーの2色を揃えました。「ブラック×ブラック」「レッド×ブラック」は王道かっこいい、「スカイブルー×シルバー」「シルバー×シルバー」は、さわやかかっこいいがコンセプトのカラーリングです。また、軸には色の光沢感にこだわった塗装を施しています。
 ローレット加工を施したマット調のメタルグリップは、滑りにくく安定した握り心地です。また、メタルグリップを搭載することで低重心となり、力を入れずに軽い筆圧で書くことができます。
 オレンズは、芯の減りに合わせて先端パイプがスライドし、先端パイプの分だけ書き続けられるため、ノック1回の筆記量が一般的なシャープぺンの3倍です。英文の書き写しや漢字練習など、文字をたくさん書く場面で力を発揮します。1000円(本体価格)。


スマートフォンスタンドにもなる「USB3.0ハブ付きの机上台」/LIHIT LAB. (2018/01/22更新)

 最近ではスマートフォンやモバイルバッテリーなど、USBからの給電に対応した機器が普及しており、それらの機器を机上で使用して充電やデータ転送を行うシーンが増えています。
 また一方では、USBポートが使いづらい場所にある場合や、キーボード、マウス、外付けHDDなどの常時接続しておく機器がUSBポートを埋め、USBポートが足りないというユーザーが増えていることから、USBポートが手元で操作できるハブ付きの机上台と、同社の机上台に取り付けられる専用のUSBハブを発売しました。
 現在市販されているパソコンの多くは高速のデータ転送に対応し、供給流量も多いUSB3.0規格が採用されていますが、市場のUSBハブ付きの机上台のほとんどがUSB2.0対応になっており、USB2.0よりもデータ転送速度が速く、供給電流も多いUSB3.0規格のUSBハブを採用しました。USB3.0規格のデータの転送速度は最大で5Gbps(理論値)でUSB2.0規格の10倍以上、供給電流は最大900mA(USB2.0は500mA)です。
 同社のUSBハブは、USB機器の接続がしやすいように机上台前面に付属しています。さらに手前にスライドすればスマートフォンスタンドになり、充電ケーブルが通せるのでそのまま充電できます。また、プラスドライバーを使えばハブを使いやすい位置に移動させることができます。パソコンからの給電にのみ対応するバスパワー方式のUSBハブは4ポートあるので、スマートフォンやUSBメモリ、タブレット、外付けHDDなどの充電やデータ転送に便利です。
 サイズは、幅590×奥行(USBハブ取付け時)254×高さ80mm。耐荷重は15kg(等分布)、パソコンからの給電にのみ対応。組立て式(工具付)。8000円。同社の机上台に取り付けられる机上台専用のUSBハブは5000円。各本体価格。


「ネーム9着せ替えパーツ」/シヤチハタ (2018/01/15更新)

 手持ちのネーム9を好みのデザインに着せ替えることができる、「ネーム9 着せ替えパーツ クリップホルダー&キャップ」に華やかで可愛い12種を追加しました。
 「ネーム9着せ替えパーツ」は、手持ちのネーム9を簡単に可愛らしいデザインに着せ替えることができる専用パーツです。これまで、キャラクターとのコラボレーションをはじめ、男女問わず多くの人に楽しんでもらえるさまざまなデザインを発売し、50種類以上を展開してきました。
 今回の「クリップホルダー&キャップ」は、ネーム9をバラエティ豊かなデザインの中から好みのデザインに着せ替えることができる、クリップホルダーとキャップがセットになった全12種の着せ替えパーツです。カラフルなフラワー柄や、流行りの北欧雑貨をイメージした北欧柄やリーフ柄、シンプルでありながら存在感のあるドット柄など、好みによって選べるデザインを用意しました。
 イラストデザインは、フラワー柄ピンク、同オレンジ、同パープル、同ホワイト、北欧柄イエロー、リーフ柄イエローグリーン、水彩柄ペールブルー、同ペールピンク、シンプル柄レッド、同ブルーグリーン 、同ブルー、同ホワイト。各600円(本体価格)。


マグネットで簡単に取り付けられる「マグトレー」/キングジム (2017/11/22更新)

 磁石でスチール面に簡単に取りつけて、用途にあわせて新しくスペースを作り出すことができるマグネット式トレーです。トレー部分が約230mm×320mmと広いため、A4書類もクリアーホルダーに入れたまま、はみ出すことなく平置きできます。デスクの引き出しなどに取りつけて、一時的に置いておきたい書類や文具、ティッシュなどを置けるほか、オフィスの共有スペースでは、スチール製のキャビネットや本棚などに取りつけ、筆記具や梱包用テープ、運送伝票などの共有備品置き場としても活用できます。
 吸着部分は強力なネオジム磁石を採用し、耐荷重は約3kgです。また、本体上部にはバラバラになりがちなクリップをまとめて貼りつけることができるクリップポケットも備えています。本体色は黒と白。4980円(本体価格)。


鉛筆の芯が消しゴムになった「HiLiNEペンケシ」/クツワ (2017/11/28更新)

 鉛筆と同じ木軸の消しゴムで、鉛筆のように削って使うことができます。鉛筆と同じ六角型なので持ちやすく、細かい部分の文字も消しやすくなっています。消しゴムですが、鉛筆削りで削ることができます。学校に持っていける白色の消しゴムを使用しており、ペンケース収納時も汚れにくいキャップ付きです。
 今回は木軸に新色のナチュラルカラー(木目)が新登場したほか、ピンク、グリーン、ブルー、ブラックがあります。150円(本体価格)。


アーチ消しゴムシリーズ「アーチ スリムタイプ」/サクラクレパス (2017/11/28更新)

 通常のアーチよりも細長く、スリムな形状のため、細かな部分をピンポイントで消すことが可能です。また、黒一色のスタイリッシュなデザインで、汚れが目立たない点も特徴です。150円(本体価格)。
 アーチは、ケースを曲線(アーチ)状にすることで、生地の食い込みを劇的に軽減し、同社従来の直線状のケースに比べて、生地が3倍折れにくくなっています。
 また、プラスチック生地に特殊発泡体(メラミンフォーム)を入れることで、従来のプラスチック消しゴムよりも@良く消えるA軽い力で消せるB消しくずがまとまるCコシがあって折れにくいD消しゴムが汚れにくい…といった、総合的に優れた生地になっています。
 ケースには、グリップが付いているため、握る力をかけやすくなり、軽い力で消すことができます。


TOP PREV   10 11 12 13 14 15 16 17 NEXT LAST